08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

MB & Co.

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

菊地オーナーの逆襲~09-10指名理由 

指名理由の前に簡単に昨シーズンの振り返りを…。 昨シーズンはブエナビスタ一頭に救われたようなもので、勝った喜びよりも
反省点が多い一年でした。

昨シーズンのドラフト前から「情報収集不足だな~」と感じていたが、
もろに結果に出てしまいました。
毎年ダービーに指名馬を送り込んでいたのが誇りだったし、
こだわっていた記録が途切れてしまったのは非常に残念。
連続重賞制覇は続いているから、また新たにダービー出走&制覇目指して
やるっきゃない!

というわけで本題に。昨シーズンの反省を活かして、今シーズンは情報源を増やしました。
それは「東スポPOG」と「netkeibaのレビュー」。
特にnetkeibaは信憑性はわからんがリアルタイムな情報が多いから活用しました。
あとは例年通り、「アドマイヤ」「GI血統」「名前」。

1位 アドマイヤリイチ (アグネスタキオン×ルビア)

ついに自分の名前をつけたか!で迷わず指名。アドマイヤ好きでこれを指名しなかったら
一生後悔するだろうと思って。ただ馬名はあとから知り、「オーナー一番の期待馬」と書いてあり
アドマイヤオーラの時も同じようなこと言ってたから、期待でしょ。

2位 ヴェラブランカ(クロフネ×アドマイヤサンデー)

父クロフネはいまいち特徴がつかめないのもありあまり好きではないが、姉トールポピーは大活躍だったしデビューも早そうだったから2歳戦でのポイントゲッターとして指名。

3位 グランクロワ(スペシャルウィーク×マルバイユ)

SW産駒は牡牝共に絶対一頭ずつは欲しかったので、東スポPOGで何頭か候補を挙げ
netkeibaで順調さを確認して残ったのがこの馬。母が仏GI馬の良血で厩舎も今勢いがあるから
クラシック路線に乗って欲しい。

4位 アドマイヤプリンス(アグネスタキオン×プロモーション)

最もダービーに近づいた男アドマイヤメインの半弟。しばらくSS系とアドマイヤから離れていた
血統が久々に復活!

5位 ラフェクレール(スペシャルウィーク×アドマイヤマカディ)

コジーン的に元祖アドマイヤ、アドマイヤコジーンの半妹。 前述したように欲しかった
SW牝馬。コジーン以来さっぱりだが、この馬は話題に出ているし思い入れのある血統だからね。

6位 インペリアルマーチ(ネオユニヴァース×キョウエイマーチ)

スターウオーズ好きなら放っておけないネーミングでしょ。トライアンフマーチが仮に活躍して
なかったとしても指名したと思う。500キロ台の馬なので脚元に不安があるようだが、
来年のダービー後に「帝国行進曲」流れて欲しいな。

7位 トゥエルフスナイト(キングカメハメハ×シーザリオ)

シーザリオが繁殖入りした時点で仔は絶対に獲る、と決めていたが初仔はつめに難があり
じっくり調整している記事を読みテンションガタ落ち。しかし1ハロン13秒台を出しているとの
ことで、それを信じて。

8位 マチカネドウドウ(デュランダル×バーシャ)
今年の目玉の新種牡馬デュランダルはアドマイヤと同じくらい好きで新種牡馬で一番の注目している。
東スポで推していて、兄姉が期間内に勝ち上がっているのを期待して。

9位 ロジフェローズ(タニノギムレット×スイートフェローズ)

ロジのオーナーは一年目からダービー馬出すくらいだから、相馬眼を信頼して
ロジから一頭は選ぼうと決めた。
ブリーズアップセールは信頼度が高いということで、そこからこの馬を選んだ。

10位 アドマイヤゲーム(クロフネ×アドマイヤグルーヴ)

本来グルーヴの初仔なら真っ先に指名するはずが、クロフネ産駒というのが
好きになれなくてグズグズしていたら石川オーナーと競合してしまった。
石川オーナーは今年もアドマイヤ選んでくるだろうと予想していたが、この馬とは以外。
迷ってたくせに競合となると絶対逃したくない、と強い気持ちなり見事野球盤で勝利。
これで競合は3戦全勝。我ながら勝負強い。この勝負強さは普段の生活にもあれば(笑)。

11位 ルーラーシップ(キングカメハメハ×エアグルーヴ)

何となく惰性で獲った感が否めない。現に11位での指名ですし。
姉は人騒がせな馬だったから、とにかく無事走って欲しいですね。

12位 ファルファリーナ(ファルブラブ×サンデリア)

ギャロップPOGで最も馬体に惚れた馬。だいたい人間と同じで女に目が言ってしまうのか
人目惚れでした。ていうか、だいたい牝馬はスラーっとしててきれいに見えるから
牝馬に目がいくのは当たり前かも。

13位 アドマイヤジュノー(ゼンノロブロイ×リッチフェアー)

新種牡馬で一番注目されてるロブロイの仔を一頭は獲っておきたいな、と
アドマイヤの中から無難に選択。

14位 セイクリッドセブン(フジキセキ×グレースランド)

元々この馬とエンクリプションの二者択一で迷っていた。両方獲るという考えはなかった。
「フジキセキ産駒二頭もいらないだろう。」って理由。
てっきり石川オーナーこの馬を指名したと思い込んでいたため、ならエンクリプションだと
思ったら勘違いもいいところ、逆でした(笑)。
コジーン的にこの二頭のガチンコPOG開催します!

15位 カザンリク(キングマンボ×ビリーヴ)

全兄がまずまずの活躍をしたので、弟も。ただ、ビリーヴの仔だから絶対短距離馬だ。
兄みたいにクラシック意識してのローテはやめて欲しい。大事に使って頂きたい。
そしてNHKマイルだ!

16位 マイネルパシュクル(ロージスインメイ×マイネポリーヌ)

マイネル軍団が総力を挙げて種付けしている新種牡馬は戦績は言うことないが、
この血統で成功しているのは世界を見てもタイキシャトルくらい。
それでも仕上がりの速さを活かして2歳戦の弾みに。

17位 ローズキングダム(キングカメハメハ×ローズバド)

公国の次は王国ですか!そろそろこのお母ちゃんから大物が出て欲しいですね。
とりあえず名前は大物なので名前負けしないで欲しいな。
クロフネからキンカメへのシフトがいい方向に出るか注目。

18位 ローザミスティカ(アグネスタキオン×ロゼカラー)

最近ちょっとお疲れのバラ一族。血統的にはキングダムより魅力、というか
なんやかんやでSS系に期待してしまうんだな。

19位 アーデルハイト(アグネスタキオン×ビワハイジ)

お姉ちゃんがついにやってくれたから、続いて欲しい。同等の活躍を望むのは酷かもしれないが
GIまで駒をすすめてくれ。

20位 ダノンシュナップス(デュランダル×ミスベルベール)

締めの一頭はやはり迷ったが、今年の目玉で締めたいというわけでデュランダル産駒から。
半姉のダノンベルベールはブエナビスタの次に応援していたのもあって。
ただ500キロ超の大型馬なのでデビューが遅くなるかもしれないのが不安材料。

以上、やっと書き終えたのがドラフトから半年後。
石川オーナーよりドラフト後、
「勢いで書いちゃって。」の期待に応えられず。
今年もごめんちゃい!

テーマ: POG - ジャンル: ギャンブル

[edit]

指名理由  /  trackback --  /  comment --

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。